60代になっても美しく|進化する化粧品!

女性

ネイルの艶を良くする方法

ネイル

ネイルの発色、艶がより良くなるジェルネイル、簡易的なものであれば自宅でも手軽に挑戦することができます。通販サイトであれば初心者向けのキットも売り出されているため、道具や材料諸々をそろえるのも簡単です。

もっと読む

美肌を保つために

化粧水とウーマン

閉経後の肌は

日本女性の平均閉経年齢はおよそ51歳、この頃から肌の老化がかなり進行してきます。これは、閉経とともに肌の美しさを保つ作用がある女性ホルモンのエストロゲンの分泌が激減するからです。このエストロゲンが欠乏した肌は、潤い成分のヒアルロン酸や弾力やハリの素であるコラーゲンの量が減っていき、シワやたるみ、シミが目立つようになります。また、角質層にあり水分を閉じ込める役割を持つセラミドの量も減ることから、乾燥が激しくなります。これらが原因となり、60代になるとシワやほうれい線が深くなって一気に老けこんだ印象を与えてしまうのです。ただ、このような状況の60代とあってもスキンケアを工夫することで老化をくい止め、いきいきとした美肌を保つことは可能です。今、自分の肌に足りないものは何かを見極め、化粧品等でのケアの方法を変えることが60代以降の美肌ケアに大切なのです。

おすすめのケアと成分

60代の肌で、まず一番に対策したいとされるのが乾燥です。乾燥は、肌の老化を進行させる最大の原因とされています。そこで気をつけたいのがクレンジングや洗顔です。余分な皮脂や汚れを取り去るために必要なクレンジングや洗顔ですが、ついやり過ぎてしまい、必要な皮脂も取れてさらに乾燥状態が激しくなるケースが後を絶たないのです。そのため化粧品の見直しの一番目は、強すぎるクレンジング剤や洗顔料の使用を止めて刺激に少ないものに替えることです。例を挙げると、敏感肌用化粧品のクレンジングや洗顔料は極力刺激を抑えるという特徴があることから、60代の肌に向くと言われています。また、洗顔する時にも強くこするなどの摩擦は肌に大きな負担をかけることから、なるべくやさしく汚れを落とすことが大切です。次に、洗顔後に肌につける基礎化粧品の見直しです。乾燥を防止するために高保湿な化粧品が必要ですが、中でもおすすめの成分としてあげられるのがセラミドです。セラミドは先にあげたように角質層で水分を閉じ込める役割を持つ成分であるため、これを補うことで肌の保水力がアップし潤いを長く保つとされています。

気をつけたいこと

女性の顔

敏感肌の人は食べ物にも気を配りましょう。忙しい日は時間がなくても栄養が摂れるサプリメントなどを利用することです。また紫外線に気をつけなくてはいけません。日焼け止めの選び方を知っておきましょう。刺激が強い成分が入っていないものを選ぶことです。

もっと読む

美肌は化粧品選びからです

スキンケア

様々な損傷を受ける肌をケアするためには、化粧品選びが大切です。敏感肌の場合には配合成分に注意が必要ですが、ビーグレンは十分に配慮されているので安心して使えます。試用セットや返金制度が充実しているので、効果を実感して安心して使えます。

もっと読む